女性の心理学!「女性のダイナミズム」

女性の心理学!「女性のダイナミズム」

女性の心理学!「自己保存・女性の複雑さ」NO2

 

*「自己保存の段階」 女性にとりある意味危険な空間、危険な時!と言える心の構造の段階です!自我の活動前からすでに男性と女性ではこのイメージ母との別れる方法がすでに違っています!それはへミニストがなんと叫ぼうが!現代でも未来もかわらない男女の方向性の決定的な違いとなっています又現実です!システムの違いです!
 
*さてエネルギーとしての常識的な理解はしていただけたと思いますので女性の自己保存の段階にはいります。男性も女性もこの母性「太母」から解き放たれて!いくわけですが!女性はこの太母と同じ性「女性性」なので男性以上に、この太母から解れて自我・意識の心のシステムを作りだすことが難しくなります!一生この太母との生活を余儀なくされる場合も女性はでてきてしまいます。この太母から離れられず苦しんでいら方は結構現代でも多くおられます。
 
*両性具有
「まずほとんどの方が驚かれると思いますが!私達人間は肉体は男性と女性に別れて生まれてきますが!心は男性と女性は一生別れることはできません。つまり男性の場合は女性性はその無意識の中に!女性の場合はその男性性はその無意識の中へと変化していきます,自己保存の段階ですでにこの両性具有が関係してきます」

 

愛のトライアンギュラー「エロス関係」自己のイメージ!
 
太母元型「母元型」 母権的ウロボロスとの対面・母権的ウロボロス期・無意識世界
@私達人間は生まれたときはまだ意識ー自我「ego」は成長していません、実の母・イメージ母「太母」と自分自身の関係! 私達の心はこの無意識世界の中にうみ落とされます!意識生活がどうのように誕生・活動していくかということをとても複雑ですがセラピストになるには知って頂かなければなりません。このウロボロスという言葉を使うのは無意識世界と言うより!精神「イメージ」と本能「エネルギー」が混沌として、意識と反対のエネルギーが躍動しているダイナミズムの世界だからです。
 
Aつまり母性との関係の無意識状態にいる!この自分の持つ「元型・太母」ビックデーターを利用して!母を現実化して「コンプレックス化・シンボルの記憶としの経験」家族という社会に入る前のの段階をいいます。
*つまりこの時期は心理的には母性のいい面でも悪い面でもこの多きなエネルギー「母性」に支配されている状態です。
 
Bみなさまが今生活できているには!この幼児期段階を経験してきているから意識が働き生活ができています。つまりこの太母元型「母元型」の遺伝子的・心理元型を経験していなければ意識にエネルギーが流れていくことはできません。

 

 Cこの原初の段階における元型的な経験!自我や個人が無意識および全体「自己」に依存している状態は・母への投影という形で現れます。この元型とコンプレックスの体験が私達たちの意識を成長させ多くの精神世界を体験することにつながり「水の流れ・人生の流れ」として心を大人へとまた個性化へと導いてくれます。自分で生きているとおごったときは成長をとめてしまいます。すでに幼児においては特に男性においてはこの時の母は!現実の母の個性とは関係なく!神的な母としてその子の心に焼き付けられます。


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム