フラワー心理セラピーついて!

フラワー心理セラピーついて!

フラワーセラピストとお花の関係!

 

皆さま始めまして当フラワー心理セラピーを主催しています戸井田 仁 ともうします。
 
*心はどうして動くの?と言われてもわかりませんよね!そんなに難しくはありません!本能という肉体的パワーと遺伝子で蓄積された精神イメージを消化するという車の両輪のような複雑な関係性で心は動いています「遺伝子イメージ群・精神本能群・元型」!つまりイメージの記憶コンプレックスを作りながら私達人間は生きていくことができています。
 
上の写真の藤の花のように下がって咲くお花「下がり花」は!フラワー心理セラピーでは「女性花」という位置づけをいたします。皆様が路地で素敵なお花を見ると心に響きますよね!また桜のお花見では!過去の方とのイメージが浮かびあがるように!そんなお花と心の関係を心理学との関係性からフラワーセラピーを論理的につなげることができフラワーセラピーが生まれました。
 
また悲しいことがあると!急に母のイメージが誰でも浮かびあがります!人間はイメージがあるから生きていられます!ほとんどの現代人がこの心のシステムを忘れさっています!それは人間的に原始の猿の世界に帰ること!心が荒れることを意味してきます!スマホ依存の方も自分のイメージが働かず苦しんでいる状態です!心が動いていないのです。
 
器を見立てて精神を集中させ!活けていきますが!どういうわけかお花の咲き方は人が持つ多様な・複雑な・無数の・こころのそれぞれの在り方とにています。日本人は古来からこの捉え方が群をぬいてすぐれています。現在ではそうはなっていませんがその証拠にほとんど自然にさくお花には固有の名前がついています。形骸化した生け花とはなんの関係性もありません!
 
それは女性性の中に潜む魅力とでもいいましょうか!つまり男性が活けると!男性が持つ女性性とシンクロしはじめるのです!だからかえって藤のお花は女性にとり難しいお花なのです。女性はご自身の持つより心の深い部分とシンクロさせなかればならないからです。とても普通の意識生活の圏外といいますか!花の生活といいますか!普通の意識ではとらえられない魅力です!でもこの手法は自分自身の中に向けて心のディスカバリー能力「内向」を喚起させ初めて!実際にそれをさせてしまうエネルギーがあります又この機能は誰でも持つ機能なのですが普段の生活では・夢の中「無意識・意識ゼロ」で使われるか・恋の時つかわれるか・で意識的にはあまり使われていません。それと個々人の心の内的世界は・多様性に満ちていて・世界中のお花に匹敵するぐらいのこころの数が人間にはあるように思えてなりません。
 
 
 


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム