心の位置づけ!Positioning of mind

心の位置づけ!Positioning of mind

心のポジショニング Positioning of mind

 

*セラピストにとり大切なことはまずは!自分自身の心の位置がどのような位置にあるか?ということです!例えば少女は恋はできますが!恋愛という意識的な面が発達して始めて人を愛することができるわけです!

恋それは無意識が直観・感覚機能の刺激で性が目覚め!感情機能が活発化する!また感情機能が受けることを恋とよびます!当然心理学的には生命活動の一種ですから!これがないととてもまずい状況になります。つまり一種の性の刺激を受け本能活動がともなう無意識の仕事というわけです!もうご理解いただけたと思いますが!杉の木をイメージすると!何十年後には大木となりますが!若木はすべてのこころの要素は種の中にありますが!

 

「kokoro・根っこ」無意識の要素が発達しませんと!意識ばかりが大きくなり!「根っこ・kokoro」が発達していないいと木は簡単に枯れたり!倒れたりしてしまいます!人間もまるきりこれと同じなのです!大きなイメージは遺伝的に生まれながら「シンボル」はもって生まれてきますが!自分の根っこの記憶として!コンプレックスに経験することで!このシンボルは実際に使用できるようになります。それが思春期の恋というさせられる現象です。つまり恋を経験できるようなポジションに心が発達していないと恋もできません!同性愛の方が理解しやすいと思います!普通の方と心の機能の位置関係が違います。マザーコンプレックス!当然女性にもありますが!大変退行的な意識活動になるので怖いこころの関係性ということができます!結構現代でも大人に多いのは驚かされます!思春期の経験過程のズレなので!死ぬまで修正できないのです。

当然フラワーセラピストもあまり若いとこのポジショニング作業の無意識の経験を「シンボリック・イメージ」を!あまりしていませんので!他の方のセラピーをする場合いは30歳過ぎてないとなかなか分析力がつきませんので!ある程度の人生経験はセラピーの場合に必要になります!

 


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム