心を計測する! 「ポジショニングについて」

心を計測する! 「ポジショニングについて」

心のポジショニング Positioning of mind

 

 

*セラピストにとり大切なことは自分「自己」.がまた自分の性格「パ―ソナリティー」が環境、無意識に対してどのような方向性を持っているのか?まず自分自身を分析するという必要性があります、 女性は特に発達段階が複雑に構成されていきますので詳しい理解が不可欠と言えます。

 

人間の持つ遺伝的イメージ群「集合的無意識群」自己の持つ!このシンボルとよばれるイメージは私達の性格まできめていく!また人生の時「特に女性」の流れまで決めてしまうエネルギーを持ちます。実はこの個々の心の構成の仕方つまり自己の構成の仕方が心のコンパスという性格をもちます。つまり自分の心の位置が理解できないと人の心の位置は理解できません。

*つまり自我ー意識の位置付けの方向性と人生の発達段階で自己のどの位置に自我があるかということになると思います。私達人間はよく男性が勘違いしやすい傾向として自我ー意識をすべての心と勘違いされてしまいます。その心の支配性は現代でも集合的無意識が年齢とともに現れ発達していくという大いなる自己の存在になかなかきずかないということです。つまり簡単申しますと、誰にでも心の構成の仕方「心の癖」で命のエネルギーの出方個々人の差となって現れてきます。現実的な例ですと自民党の禿議員の方は!意識能力は高いのですが内的能力がまるきり発達していません。

*つまり内的関係の入り口・こころという機能がまるきり発達していません!外向的意識力は発達しているのですが!心の偏り「バイアス」ができるということではなく壊れはじめています、心理的にはよくここまでこられたというのが実感です。心の内的方向性ができていないので40才すぎると無意識からのクレームがきてしまいます。分裂まではいかにないにしてもつねに不安観に襲われはじめてしまいます。ほんとうに怖い現実となり心のバランスの限界点まできてしまいます。

つまり心の女性性がまるきり発達していないので!攻撃性「ストレス・男性的権威性」は弱い男性に向けられます、立場の弱い秘書であり運転手の方に!立場の上の男性には向きません。偏った性格には心の花は咲くことは一生ありません。

 

*ここで気を付けなければいけない現実があります。日本の心理学の文献にはたまに人格者の慣用的な定義づけとして!理性的存在者として自立的に行為する主体を意味し!その尊厳性を強調する道徳的意味合いを含む!と書いてあります。

これでは理性者だけが人格者になってしまいます、意識のための心理学になれはててしまいます。自民党のはげ議員は正常時ではとても理性的です突然不安定になりどうしようもない不安情感が湧き上がってくるのです、つまり自我ー意識機能ではもはやコントロール不能なのです本人は悪いことをしている意識はありません。つまり偏りすぎた意識が悪さをすることもあるのです、間違った認識のもとセラピストになるとこの心の「自己」のポジショニングができなくなります!つまり人格についてです!日本の場合どういうわけか!ポピュラーに道徳的「理性的」に優れている人を人格者ということだということが通用してしてしまいそうで怖い!こんなことを平気で言わないほうがいいと思います。人格とはパーソナリティーが形成される心のはるか前の深層域の問題で!これでは人格とは意識機能だけを概念づけているにすぎないとうことになってしまいます!人格とは自己と呼ばれる壮大な無意識領野を含める心の「自己」全体の構成「方向付け」をさせる機能のことを言うのです!構成の仕方のバランスが良いか悪いといことで理解しないといけない!感情的にバランスが良い人も人格者なのである「芸術関連のお仕事・芸能関連・司会者等」。私の好きな岡本太郎さんも変わり者ですが感覚的人格者なのではないでしょうか!マザコンは4歳ぐらいからすでに未人格者「人間的・発達障害」なのです。同性愛の方はある意味少しの構成のずれはありますが!バランスが良い人格者なのです!必ずしも人格者イコール理性的とはかぎらないし人格とは生きがいというエネルギーをも持つ個性化に反するものではありません、つまり人格の構成の仕方というのは自然にできるという性質を持つものと理解したほうが心理学がよりよく理解できるように思いますフラワーセラピーではこのような認識の間違いをしているとセラピストにはなれない。このような理解が進むのが日本人の無意識性、学者の理解の欠点のように思う!実際に生活を追い求め臨床的に理解しなければいけないのが心理をするものの基礎になければいけない。

上の風水の写真であるが風水とは一つの統計的学問であると思います。つまり白と黒は天地の入れ替わり!自分の位置の変化ということができると思います。中国では道「タオ」方向性を象徴するものと現代では理解されています。つまり心の構成の仕方「自己」の違いは性のエネルギーの方向性の個々人の違いを象徴するものです。


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム