kayu フラワーセラピースクール

無意識のメッセージは24時間訪れる!

無意識のメッセージは24時間訪れる!

 

*頭脳と心とコンプレックスの関係!(無意識的緊張関係・生きるエネルギー心的緊張)

 

私達の頭脳は何万年という進化の結果!遺伝的に心を作る(人格)機能が誰の脳にも潜在的・アプリオリに働いています。だからこそ人種を超えて普遍的に世界的に共通な愛などの世界感情があるわけですね!その機能を知る・また予測できる人はほんの一握りです。フラワーセラピストもこの頭脳の遺伝的な面と心の構造を知ることはフラワーセラピーにも不可欠なことですしらないとセラピーはできないと言っても良いと思います。あと無意識の概念が間違っている方がとても多く!無意識とは無意識がまるでないということではなく!無意識は実際に働いているのですが!自我に感じられないと意識にならないということなのです。自我機能が弱い人は無意識は実際に働いているのですが!意識できない状態を無意識といいます。意識が働く前の無意識で有名なのは投影現象ですね!転移ともいいます。あと心の緊張度が高い方は無意識をより多く感じることができます、特に女性に多いのですね!心の構造は女性と男性では大きく違います。お子様を生むことから無意識と完全に断ち切ることはとても女性の場合にはまずいことなのですね!

 

 

大きくはコンプレックスは遺伝的なものと個人的コンプレックス(一人一人の人生の中で作られる)に分けることができます。この個人的な背景によって作られるコンプレックスは個人の人生に人格の一部としてとても大切な多様なコンプレックス群(多様なお花のような)となります。例えば攻撃性は権力コンプレックス・支配コンプレックス・つまり猿の時代からの本能的なものなのでオス(男性)には強く遺伝的に働いてきます。ただ現代では経験・胃が消化するように個人的コンプレックとして人格が使用できるまでにならないので!60歳すぎても残る男性が多くなってしまいました。だからセクハラとパワハラは男性の性の発達と関係がありますので!エネルギー価が本能的に高いまま年をとる人が増えていますつまり意識力が発達しないまま年だけとってしまいます、意識力とは理性的・精神的・記憶機能などと深く関係していて人格の発達と深く関係していますのでアルツハイマ―脳の障害になるとほとんど意識は停止してしまいます!また普遍的な思考力にも関係してきます!

 

*無意識は24時間意識を刺激している。(認識のプロセスには必ず無意識を投影する)

 

ほとんどの人は毎日無意識に動かされているのに気が付かないで生活しています。また多くの人は何に動かされているかを知らないで一生を終えてしまいます。無意識はその人の心の構造にとても素直に従います、例えばスマホ依存症の方は内的関係性がない状態ですので!内的な不安をあおるように現れてきます。つまり神経症になるまえに意識に警告を与えるわけですね!フラワーセラピーもお花をとうして心のバランスの構造を知ることが一つの目的でもあるわけですね!神経症は社会と主体(内的関係)の関係のアンバランスにあるわけですね!つまり自分と社会の関係をしっかり認識できていない!自我が弱い状態ですとかかりやすくなります。社会は社会、自分は自分と心の住み分けができていないといけないのですね!

 

人間も動物である以上!集合的本能(群れの本能)からのスタートをきるように設計されています。つまり群れ(集団生活)に適応できるようにまず集団的本能を優先的に発達させていきます。つまり皆様の脳の機能として!毎日イメージとして!心の想像力としてのイメージが沸き上がるように!そして24時間イメージを見る能力として皆様の心に届けられています。夢もその中のひとつですね!夢とはわけがわからない支離滅裂かもしれませんが、よく観察すると無意識の方向性なども見受けられます。皆様が偏った意識生活を送っていると不思議とそれではいけないよという無意識からのメッセージともとることができます。つまり24時間無意識からメッセージは送られているわけですね!特に女性は昼間は男性的意識を働けせ!夜は家庭内の生活に追われて!なかなか女(女性に)なる空想時間(イメージ時間)がありません。夢ではその心の深層から無意識が要求を突き付けてきたりします。

 

 

生まれてから初めて母との緊張関係(無意識的緊張関係)・父との緊張関係・兄弟との緊張関係・初恋の緊張関係・人との出会いはすべてあなたの心つまりあなた自身の無意識からイメージが送られてきて初めて人を知る(認識)ことができます。ただ人は一般的にとても心の緊張度の強い人心の緊張度の弱い人にまず大別されます。うまく他人との関係を経験できる人もいれば!緊張度が高い人は他人との関係が苦手です!野ばらなどはとても小さく可憐ですがとても緊張度が高いお花ではないでしょうか!

 

また様々な個人的無意識(コンプレックス)が人格に統合されると意識力の背景がため込まれていきますので多様な意識生活と比例するように心が安定してきます。セクハラなどは人格にコンプレックスが統合されていない人が起こす場合が多いのですね!個人的コンプレックスが発達しますとあなたの意識力は少しづつUPされていきます。

 

だだ人は母との経験にとても左右されますつまり愛の関係の原点(エロス関係)だからです!母にDVを幼いころに受けると人間関係そのものが不信に思われすべての他人(世界との関係)との関係性がだめになってしまう場合が多いのですね!つまり異常にならないためには内的関係へと引きこもるしか方法がないのですね!イメージ母という安息の世界に(フロイトの精神的な近親相姦願望)!キリスト教の幼児洗礼とはこどもを守るという意味があります、つまり実の両親になにかあったときに代父母をつけておくという。キリスト教とくにカトリックは人格教育の教育機関でもあるわけですね!日本人には仏教は人格者には良いのですが難しすぎて!なかなか理解されません。神道のほうがまだ身近な存在ですね!

 

 
初恋は家庭内無意識からあなたの未知なる性へのイニシエーション!認識への誘惑!

 

私達の気分!やる気!愛情!生活を動かすエネルギーはどこからくるのでしょうか?それはコンプレックスからやってきます!嫌なやつだとか!嫉妬心!すべての気分は無意識からつまりコンプレックスからやってきます。ところが最近高学歴でも性犯罪者が増え続け!男性(セクハラ・パワハラ・性犯罪)にも女性にも狂いが(分裂)が生じてきています。つまり意識を働けせる潜在意識との関係・もっと深い層からくる無意識群との関係が発達していかないのです。あのスエーデンでさえ性犯罪率が世界2位という状況です。世界的に私達のエネルギー源である無意識と自我の関係が脅かされている状況です。

 

例えば初恋時代とかの経験で!みなさんはあいつは良くないから付き合わないほうがいいよ!とか友達に言われたり!ママに言われたりした経験をお持ちにの方も多いと思いますが!でもなんとなく心の底のほうで惹かれている自分がいることを経験した方は多いと思います。また逆に意地悪をしたり!つまりこれが心的緊張という無意識の威力なのですね!つまりエネルギーが高く社会的意識ではなく!あなたの本能的意識が反応しているのですね!つまり相性として無意識的・感覚的にあなたに何かを教えているのですね!多くは成就することはないのですが!これはしっかりと記憶の中にとどめておく必要があります。なんでこの人に惹かれるのだろうということをしっかりと考えるべきですね!これが経験となり個人的無意識に異性との関係性として記憶(個人的コンプレックス・モチベーションとしての記憶)されていくわけですね!だから男の子は失恋の痛手のほうがこころの向きがかわり自我を成長させていきます。もうおわかりだと思いますが人間というのはそんなに頭が良い動物ではないのですね!20年もの学生時代をすごし!また社会生活の色々な人たちの出会い(経験)でしか自分の意識を成長させていくことができるのですね!つまり初恋時代も含めて自分の無意識の経験をとうしてしか成長できないのですね!学歴(知識)だけでは人格は作られないのですね!また結婚すると女性に母を投影してくる男性が多いのも現代に深刻な問題です。つまり魂をすててしまい自ら無意識とのつながりを断ち切ってしまいます。だから高齢でセクハラ・パワハラなどを起こしてしまいます、権力コンプレックスのみ高いエネルギー価をもちのこり続けます。

 


ホーム サイトマップ
トップページ 問い合わせフォーム ブログへ