kokoro の歪みの怖さ!

kokoro の歪みの怖さ!

kokoro の歪みの怖さ!

またもや自民党から恐い議員!が出てしまったハワイで結婚式をあげた議員も同じであるが!自民党本部に精神科医でも常駐させたほうが良いのではないか?人格破綻まですでに起こしている入院する病院が違うのではないか?

なぜにこんなにヒステリックになってしまうのだろう?上の図を見て頂きたいのですが!自我が出来はじめると人間の心には影と言われるものが現れてきます。たぶんこの女性議員は東大の法学部、ハーバードと学歴、記憶、知識は相当本人の努力がなければいけない!ここで日本の心理学の遅れている点が出てしまう大学心理学でいじめの本質も見抜けない現状なのです。深層心理学「ユング博士」では完璧な機能障害「心の機能の歪み」と見た方が良い事象なのです。

この女性議員はたぶん思考型だと思います「理性」よく日本人は間違える方が多いのですが!理性と精神を混同している方がいますが間違いです「思考はただの機能です」。つまり完璧な思考型「外向的」なひとほど多いのですが、主体が心理と同一化してしまいます。こなると最悪で!知的立場の独断的傾向は、無意識的個人的な感情内容の「劣等機能」無意識の干渉を受けはじめます、それが最悪なのは事務所の身近な人間を攻撃しはじめるのです。最悪の場合は精神障害まで行ってしまう可能性さえあるように思われます。すべて心の構造の歪みからきていると思われますしかしすでに40才心の方向転換の時期でもあります、たぶんその悩みもあるように思います。ただ主体に対する努力がなにもなされていないのは怖いことにこんな心の歪み方をしてしまう。

下の図は人間の心も色々な機能に分割できることをシンボリックに現しています。

ただ現代は経済が主役なので人格は育たない傾向にあるが、それにしてもひどすぎる!子供のいじめのレベルと同じである。すでに40才過ぎている普通であれば主体の方向「人格」の逆転が起きる年齢であるが無理であるが指導者がいない!

 

*この方も東大。ハバードまで行っているわたくしの主張する学問は人格を作らないの典型である。この方を分析してみると一般的なタイプは外向型がまず浮かびあがります、これは生まれ付きのものでどうにもなりません!再三もうしておりますが記憶能力と知識さえあればいけてしまいます。そうとうな努力はされてはいると思いますが!人格というのは主体に対する努力「人間的苦労」ですから様々なコンプレックスを消化、経験していないとできないのです、だから政治には世襲制は向かないのです。

*思考型のおおきな勘違いが日本人にはとくにはびこっています。感情機能を思考型の方は劣等機能とみなしがちなのです。「外向的思考型」の方は主観的要因からできるだけ解放されたいという心のシステムがアプリオリに埋め込まれています。つまり外向的思考型の方は客観的な既成事実に従って自らを方向づける!すなわち客体「社会・他の人・伝統」が思考の在り方を決める上で欠くことのできない要因になつています。つまり野ばらのように自然に生きているうちは魅力があるのですが!あまりにも咲き方「外交的」を意識するようになると主観「主体」がストレス「感情要因」を受けはじめます。たぶん40才という転換期という年齢的なこともあるのだと思います。

*外向型というのは世間に合わせるタイプなので!結構ストレス「主体がしらない間に抑圧されてしまう」が知らないうちにたまり始めてしまいます!思考もそれなりに自分自身の思考のゆるす範囲でなら考えられますが、感情機能自身が自ら機能することはできません!

*同性愛の方も人間的な愛に特化した心の構造を持ちます!

 

 

 


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム