kayu フラワーセラピー心理研究所

こころはどうして動くの?いいえ動かされてしまうそれが心の現実!意志で動けるのは数パーセント。

男と女!生まれる前から違う人種!

  

今月のポイント心理学!知っておいて損はない心理学 「ペルソナって何」 心の洋服!社会との関係!

*生命は女性性を起源にしている。

 

 

森の中のレッスン!

この心の歪み現象はとても怖い現象で一生ついてまわります。歪みを知ることで心のエネルギーをバランスよく処理できるようになりますので!多様な価値観を得ることができますので!心が柔軟つまり柔らかぬなり色々な環境に対応できるようになります。これは現代日本人のとても多いタイプです低年齢から高年齢までさまざな年齢層に存在します。少しコマーシャルになりますがフラワー心理セラピストにとりまずご自身のこの心の癖を知る・発見がやはり重要になります、つまり自分自身の癖を「心の構造」知ることで他の人の心の癖が浮かんできます。

 

*当セラピスト養成コースでは森の中に入りレッスンをしていただくレッスンが5単位5回約1回3時間程度ご用意しています。心の働きを知って頂けるレッスン内容です。お子様とご一緒にレッスン参加が可能です。 

 

皆さま始めまして当フラワー心理セラピーを主催しています戸井田 仁 ともうします。

突然心はどうして動くの?と言われてもわかりませんよね!あまり難しいことは言いたくないのですが、心は皆さまの人生の中心だということができます。心は間違いなく動いています、夢をみない人はまずいませんよね!睡眠時には自我・意識機能が休んでいます、ところが皆さまの心にあるエネルギーの元・無意識群は24時間やすまないのです。つまり心臓・呼吸機能と同じです。昼間お仕事などでストレスがかかると無意識が覚えていて意識をサポートします、夢にはストリーがないように感じますが大きな流れではストーリーを持つものです。できるだけ覚えておいて昼間に無理がかかっていないかなどチェックするのも良いかもしれません。心はどうして動くの?「心はエネルギーを持っています、母体内にいるときはすでに作られています」 ほんとうに不思議という他ないのですが!私達人間はなにも持たず生まれてくるのではありません、上の写真のように種のなかには未来のイメージ群がすべて含まれています。「心的DNAイメージ群・無意識群」をもち生まれてきます。つまり心というビックバーンのようなエネルギーをかかえながらこの世に生まれてきます。つまり生まれたばかりでは人間一人一人の心の大きなパターン「構造」は同じなのですが!「性という心の構造は相対性理論ではありませんが!皆さまが生きる環境「生活」の中で、環境に適応するために外的環境と内的環境への適応のため心が歪みを持ち始めます、つまりこの心の歪み方「構成の変化」が個性となりエネルギーを「意志・やる気」として方向づけていきます。一人一人の心のゆがみ方が違うってくるのです。その構造の落差が私達に生きるエネルギーをもたらします。つまり心の「システム」が私達人間の生きる力を生み出しています。 「眠っているときは無意識の世界で赤ちゃんはちゃんと仕事をしています」つまり心理学では自己といわれるものです、人間はイメージの動物と言われるのはここからきています、24時間こころは動いていますみなさまが眠るとき夢を見るのもこのDNAのエネルギーです。生まれると体は機能いたしますがこころ「自我機能」の誕生は3歳〜4歳ぐらいです。この自我を中心にみな様の心の旅ははじまりますつまりディスカバリー「自己発見への旅へと」へ!皆さまのこころの発達を見守るのも、方向を照らすのもこの心的イメージ群のやくめとなり死ぬまで皆さまを支えていきます。上の薔薇の写真のように皆さまの心の構造は複雑さをましていきます!まるで色々のお花が心の中に咲くように人生を導いてくれます。

 

 

 

 

 

 


ホーム サイトマップ
トップページ ようこそKayuフラワー心理セラピーへ 問い合わせフォーム